HOME > NEWS > 第1回 医療通訳登録研修を開催しました

第1回 医療通訳登録研修を開催しました

日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(略称:EAJ、本社:東京都文京区、代表取締役社長:吉田一正)は2017年7月7日(金)、東京本社にて「第1回 医療通訳登録研修」を開催いたしました。EAJのメディカルツーリズム等で現在実務に従事されている登録医療通訳者、アテンド通訳者(外国人患者の元に出向く通訳者)の方、また外部からも幅広い分野で活躍中の医療通訳・翻訳経験者(英語・中国語・ロシア語・アラビア語・フランス語)の方に参加いただき、計20名が集まりました。関東近辺から参加された方がほとんどでしたが、北海道等遠隔地からも数名の方にご参加いただきました。

当日は最初にEAJ代表取締役、吉田一正から、今後の日本の医療国際化事業拡大や医療通訳の育成の重要性について挨拶がありました。続いてEAJ顧問医の川合医師からは、狭心症の症状を富山弁で「胸がうい」という例などをあげられ、「診察の場で医療通訳はタブレットには替えられない存在。患者のキーワードを漏らさず拾って医師に伝えてほしい」との激励がありました。

研修の第1演者はEAJ国際医療事業部 麻田次長で、日本の医療制度と医療通訳、メディカルツーリズムについて概論を講義しました。次に、同事業部 鬼塚スーパーバイザーは「医療通訳に求められる知識、能力、スキル、倫理」という題目で、同事業部のコーディネーター、登録医療通訳を壇上にお呼びしてパネルディスカッションを行いました。会場参加者からも自らの経験談や檀上のコーディネーターへの質問、回答に関する感想等を多くいただき、活発に意見交換がなされ、知識を共有する場となりました。

午後はEAJ専任看護師の栗山より、「自己防衛」という題目で、感染対策とメンタル対策について講義がありました。会場参加者からも死産に通訳として立ち会った際の経験談などをいただき、喪失の場で医療通訳としてどう対処するべきか、また自分の心のケアをどうすればよいか等を考える機会となりました。

最後はEAJ専任救急救命士の川口より、「通訳のためのBLS(心肺蘇生法)」について講義がありました。参加者全員でAEDの使い方、胸骨圧迫の実技を行い、会場からは「知識として知っているつもりでも実際やってみると違う。1年に1度は練習したい」という声が多くあがりました。

当研修は、EAJの医療通訳業務に興味のある方を対象に、EAJの医療通訳者としての登録に際して必須の研修として、今回初めて開催したものです。また、現在既に医療通訳業務に関わっている方で、日々の業務に忙殺され医療通訳業務について総論を学ぶ機会が少ない方も対象とし、外部にも広く門戸を開いた研修とすることで、医療通訳者の育成と知識のブラッシュアップに貢献したいと考えております。

次回の開催は8月9日(水)を予定しております。

医療通訳登録研修・医療通訳講座を開催します

日本エマージェンシーアシスタンス株式会社は日本の医療ツーリズムにおけるリーディングカンパニーです。弊社の豊富な経験を活かして現場で活躍できる人材を育成するために、医療通訳登録研修および医療通訳講座を開催いたします。

医療通訳登録研修

2017年8月9日(水)  詳細はこちら

医療通訳講座

2017年8-9月/2017年10月  詳細はこちら

皆様のご参加をお待ちしております。

「医療機関リンク」のページを更新しました

「津山中央病院」のご紹介とリンクを追加しました。

詳しくは医療機関リンクのページをご覧ください。

「医療機関リンク」のページを更新しました

「ブランパ銀座メディカルデンタルクリニック」のご紹介とリンクを追加しました。

詳しくは医療機関リンクのページをご覧ください。

「医療機関リンク」のページを更新しました

医療機関リンクのページに施設のご紹介とリンクを追加しました。

  • 大阪府立母子保健総合医療センター
  • 春日居サイバーナイフ・リハビリ病院
  • 慶應義塾大学病院
  • 国際医療福祉大学三田病院

詳しくは「医療機関リンク」のページをご覧ください。

「ジャパン インターナショナル ホスピタルズ」の医療渡航支援企業として22医療機関から指定

日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(略称:EAJ、本社:東京都文京区、代表取締役社長:吉田一正、URL: https://emergency.co.jp/)は、今般、「ジャパン インターナショナル ホスピタルズ」(英語名はJapan International Hospitals、略号はJIH)28医療機関のうち22医療機関から医療渡航支援企業(Medical Travel Assistance Company)として指定されました。残りの5医療機関(3医療機関は機関内に独自にコーディネート組織を構築する予定)に関しても、当社は過去に医療コーディネートを実施するなど交流実績があり、今後もケースによっては当社が医療コーディネートをサポートいたします。

一般社団法人Medical Excellence JAPAN(MEJ)では、日本の医療機関に海外からの渡航受診の受入を促進するため、渡航受診者受入に意欲と取組みのある病院を「ジャパン インターナショナル ホスピタルズ」として推奨し、政府と協調して海外へ情報発信する事業を推進しておられます。
平成28年7月4日から公募を開始し、評価委員会において総合的に審査を実施し、1月31日に28病院を「ジャパン インターナショナル ホスピタルズ」として推奨することになりました。この結果は、首相官邸の健康・医療戦略推進 本部の医療国際展開タスクフォースへ報告しておられます。
http://medical-excellence-japan.org/jp/news/news06.html

海外にいる渡航受診者(患者)は、渡航受診に必要なサービスを提供する「渡航支援企業」を通じて事前の情報交換により受入可能と判断された場合には、「ジャパン インターナショナル ホスピタルズ」の中から病状に応じて、最適な医療サービスを提供する医療機関を選択し、事前に受診予約を行って来日のうえ、通訳が付添って通院し、安心して受診することができます。
一方、「ジャパン インターナショナル ホスピタルズ」に参加する医療機関としても、「医療渡航支援企業」を通じて渡航・受診の決まった患者を円滑に受入れ、医療サービスを集中して提供することができます。
当社は2015年9月に日本で初めて「医療渡航支援企業」に認証されております。

また、当社は医療滞在ビザ取得の要件となる身元保証機関第1号として2011年2月に最初の案件の身元保証を実施するなど、外国人の日本への医療渡航を早くからサポートしてきました。
当社は今後も外国人患者が日本に来てスムーズに治療・受診できるよう医療コーディネートを積極的にかつ真摯に実施することで日本の医療の国際展開をサポートして参ります。

今回当社を医療渡航支援企業に指定した医療機関

  • 公益財団法人 がん研究会
  • 千葉大学医学部附属病院
  • 藤田保健衛生大学病院
  • 社会医療法人大成会 福岡記念病院
  • 社会医療法人北斗 北斗病院
  • 国立研究開発法人 国立成育医療研究センター
  • 国際医療福祉大学三田病院
  • 日本赤十字社 足利赤十字病院
  • 順天堂大学医学部附属 順天堂医院 
  • 慶應義塾大学病院
  • 国立研究開発法人 国立がん研究センター
  • 国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院
  • NTT東日本関東病院
  • 大阪大学医学部附属病院
  • 社会福祉法人恩賜財団済生会 福岡県済生会福岡総合病院
  • 公益財団法人日本心臓血圧研究振興会附属 榊原記念病院
  • 一般財団法人厚生会 仙台厚生病院
  • 一般財団法人 脳神経疾患研究所附属 総合南東北病院
  • 聖路加国際病院
  • 独立行政法人地域医療機能推進機構 東京高輪病院
  • 東京大学医学部附属病院
  • 筑波大学附属病院

院内の医療コーディネート部署で対応するが、当社が送り出し実績がある医療機関

  • 社会医療法人財団慈泉会 相澤病院
  • 亀田総合病院
  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター

本件に関するお問合せ先

管理部 IR室
電話:03-3811-8121

「医療機関リンク」のページを更新しました

医療機関リンクのページに山形大学医学部附属病院NTT東日本関東病院のご紹介とリンクを追加しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

年末年始休業期間のお知らせ

Medical Access Japanウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。

日本エマージェンシーアシスタンス株式会社 国際医療事業部では、下記の期間を年末年始休業といたします。

2016年12月29日~2017年1月3日

休業期間中に頂いたお問い合わせにつきましては、2017年1月4日以降に順次返信いたします。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程何卒よろしくお願いいたします。

「医療機関リンク」のページに相澤病院を追加しました

医療機関リンクのページに社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院のご紹介とリンクを追加しました。

相澤病院は長野県にある100年以上の歴史を持つ病院で、最新の診断機器や治療機器等を備えています。世界で2つ目のラインスキャニング法による陽子線治療を提供しています。

中国語対応電話番号 変更のお知らせ

Medical Access Japanウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。

2016年2月1日(月)より、中国語対応の電話番号(中国国内向け)を下記のとおり変更いたします。

新:010-8592-7080
旧:010-8586-0748

中国国内からお電話いただく際には、今後は「010-8592-7080」をご利用頂けますようお願いいたします。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程何卒よろしくお願いいたします。

NEWS