HOME > NEWS > Medical Excellence JAPANがUAEの複数機関と医療分野における協力について合意しました

Medical Excellence JAPANがUAEの複数機関と医療分野における協力について合意しました

当社が経済産業省から受託している「アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国と我が国の医療分野における協力強化事業」において、2013年5月1日に、一般社団法人Medical Excellence JAPAN業務執行理事(兼当社取締役国際事業部長)北野選也が、UAEの複数機関と医療分野における協力について合意署名いたしました。今後は本合意に基づき、日本の高度・先端医療の技術提供・移転を図り、UAE国民の高等教育、医療知識および医療技術向上に貢献し、日本の医療機器や医療サービスの海外展開の支援をして参ります。
UAE側契約主体と主な合意内容につきましては、こちらをご覧ください。

Al Ain HospitalおよびTawam Hospitalとの署名の様子
Al Ain HospitalおよびTawam Hospitalとの署名の様子(UAE大学にて)

また翌5月2日アブダビにて開催された「日UAEビジネス・フォーラム」では、生体肝移植の世界的権威であられる田中紘一先生(神戸国際フロンティア・メディカル・センター理事長)および内視鏡/大腸癌の権威であられる工藤進英先生(昭和大学横浜市北部病院副院長兼消化器センター長)が、それぞれの分野に関するプレゼンテーションを実施され、日本の医療のプレゼンスを一層高められました。

日・UAEビジネスフォーラム開会フォトセッション
日UAEビジネス・フォーラム開会フォトセッション
(日本側)前列右端:安倍総理大臣、中段中央付近:工藤先生・田中先生、後列左端:当社北野

安倍総理大臣のUAE訪問につきましては、外務省ホームページで詳細をご確認頂けます。 http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/page4_000074.html

本件に関する詳細は、Med in Japanまでお問い合わせください。

NEWS